電力自由化を導入するならサービスを比較するべき

有機ゴミが電気を生む

バイオガス

バイオガス発電は、木くずや糞尿、残飯といった有機ゴミを発酵させ、そこから発生したガスを燃やして電力を生み出すシステムです。電力供給とゴミ減量という2つのメリットがあります。比較的小規模なプラントで稼働できるので、工場や農場などにも設置可能です。

ネットのサービスを利用

コンセント

電気料金は通信費やガス代などと合わせて支払うと、大きく割引になるサービスが提供されているので、きちんと調べておきましょう。電気料金の比較サイトを利用すれば、効率的に自分にぴったりのサービスに出会うことができます。

一般企業でも販売可能です

電球と模型

価格に差が生じています

電力自由化は新しくスタートした制度であり、従来の電力会社に加えて一般企業なども電気の販売を行うことができるようになりました。これに伴って、特定の企業の独占ではなくなったため、価格競争が発生しています。ユーザー側からすると、毎日欠かさずに使用するのが電気であるため、電力自由化に伴って電気料金が安くなるのは喜ばしいことなのです。電力自由化によって、様々な企業が参入してきているため、様々な観点から比較する必要がでています。例えば都市ガスの会社や携帯電話の会社、ガソリンスタンドの会社などがその代表です。どこの企業も電力自由化によって、従来よりも電気料金を安く提供してくれています。しかしながら、それほど多く電気を使用していない家庭にとってはそれほどメリットがないのも現状です。このため、比較検討する材料として、電気料金以外のサービスを打ち出している企業がほとんどです。携帯電話と一緒に電気も利用すれば、基本料金が割り引かれる場合や、ガソリンを入れる際には常に数円値引くサービス、ホームメンテナンスを無料で行ってくれる会社など多様です。これらを、比較するポイントとしてどれだけ自分のライフスタイルにおいてメリットがあるかを考えることが必要になります。日常でよく使用していたり、貯めているポイントに還元してくれるサービスを実施している企業の場合には、電気料金がそれほど下がらなくても、別の形で享受を受けることができます。電力自由化はまだ始まったばかりのサービスであることから、電気料金ばかりでなくそれ以外の比較検討の材料を用意しておくことが大切になります。

3つのポイント

悩む女性

電力自由化によって多くの企業が参入しているので、料金、発電方法、顧客対応の質などの3つのポイントでしっかりと選ぶ必要があります。特に、料金に関しては電力以外にも提供している業者がありますので、セット割引も期待できます。しっかりと業者ごとの特徴を把握しましょう。