電力自由化を導入するならサービスを比較するべき

有機ゴミが電気を生む

バイオガス

工場の敷地内にも設置可能

バイオガス発電は、太陽光発電や風力発電などと同様、再生可能エネルギーを利用した発電システムです。バイオガス発電のバイオとは「生物」という意味です。その名の通り、バイオガス発電は生物に由来した資源を発電に使用します。具体的には、木質廃材・動物の糞尿・食品廃棄物などが原料となります。こうした原料を直接燃やして熱エネルギーを得る方式をバイオマス発電といいますが、バイオガス発電ではこれらをいったんタンクに貯蔵し、微生物による発酵過程を経ることで可燃性のガスを発生させます。そしてこのガスを燃やして発電タービンを回し、電力を作り出します。バイオマス発電に比べると小規模なプラントで稼働できるのが特徴となっています。バイオガス発電に使う原料は、通常であれば廃棄物として処分されるものです。それを資源として活用することから、バイオガス発電はゴミの減量にも役立ちます。しかもこれらの原料は製材所・牧場・食品工場などでは毎日のように排出されるものなので、自然条件に左右されがちな太陽光発電や風力発電に比べると電力供給が安定しやすいというメリットがあります。また、木質廃材や動物のエサになる草などは、自然環境にある間は二酸化炭素を吸収し、消費後も再生可能です。そのため、これを原料として発電を行っても、トータルの二酸化炭素排出量は増えない計算になります。こうしたことから、バイオガス発電は地球に優しいエネルギーシステムとして認定されています。